2006年07月30日

マジカルバケーション〜5つの星がならぶとき〜 レビュー

最近ほとんどゲームができない・・・
というか本も雑誌以外全然読んでないし。
ネットだけはとりあえず巡回しているんですけどね^^;

しかしもっとエンターテイメントに触れなくては!と思い、今日の休みは一日かけてRPGをクリアしました。そのRPGとは・・・




B000FB750W.09._SCMZZZZZZZ_.jpg
マジカルバケーション〜5つの星がならぶとき〜

前作のマジバケがかなり楽しかったので買ったんですよね。
なんか小学生達が冒険する話だったんだけど結構つらい展開だったり。
まぁ、シナリオ自体は詳しく覚えてないんですけど、ラストの方の仲間を信じる、依存してもいいんだ、と悟らせるあたりはかなり好きで覚えてる。
まぁ、シナリオ自体の良さよりキャラクターの魅力のほうが大きかったですが。それは今作でも生きていました。
とにかくサブキャラのしゃべる言葉が哲学的で・・・w
物語の設定もかなり良かったですね。小学生あたりの子らがやってもまったく理解できないと思います。物質のエーテル化の説明に「しっかりしたものをあっさりしたものに変えるんだ!」とかって言ってましたが^^;

戦闘システムがかなり前作と変わってしまいましたね。精霊システムの変わりにオーラ状態を持ってきたという感じかな?前作は戦略性はあったけど複雑すぎた、ということか・・・
魔法によってうんこうずを動かすことができたのでボス前はオーラ状態に調整したらかなり簡単に攻略できてしまったりしたので途中から動かすのは禁止しましたw
ちょっとした小技なんですけどLRボタンを押しながら魔法を発動させると演出をキャンセルすることができます。ザコ戦とかでは役に立つかと。タイミングタッチもできなくなりますけど^^;

システム的に残念だったこと。
移動がタッチペンのみで結構操作しづらい。
たくさん人がいたりしたら話しかけるのも失敗したりすることも。はじめはかなり戸惑いましたが慣れてくると・・・それでもあまり変わりませんでした^^;
まぁ、最初と比べたら幾分マシになったと思うのですが。
戦闘にタッチペンを使うと移動もタッチペンにしないと持ったり持たなかったりしないといけないですからね。これは仕方がない。ちょっとDSの弱点を見た気がした^^;
まぁそれを克服したシステムとかも開発されるでしょうけど。

セーブのタイミングを間違うと隠しダンジョンにいけなくなってしまう。
これはきつかった・・・
クリアした後は当然隠しダンジョンがあるものだと思ってたんですけど、エンディング後にセーブがなかったんですよね。
隠しダンジョンの場所はなんとなくわかっていたのでとりあえずそこにいこうとしてみたのですが・・・い、いけねぇーーーー!
調べて見たら幼虫を倒した後にセーブをしたらエンディング閲覧専用データになるようで・・・
26時間の苦労が・・・orz
これからやる人に忠告します。幼虫戦闘後にセーブはするな、と。

前作の隠しダンジョンがかなり凝っていたので期待していたんですけどね・・・

大豆の全体的な評価としては・・・不満が残る部分はありますが楽しめました^^
アミーゴはやったことがないんですけど、できる環境があれば楽しみもグーンと増えるのでは?
前作と比べたらボリュームダウン(やり込み要素など)を感じますが、2画面使った演出や、しょぼいですがムービーもあったりしてDSの可能性も見えたりして。まぁドラクエ7並のムービーでも許されるのはDSだからでしょう^^;
開発会社のブラウニーブラウンは聖剣伝説を作ったチームとして有名で、最近ではMOTHER3の開発までやっているので興味のある人はやって見ては?


posted by 大豆 at 22:37| Comment(5) | TrackBack(1) | げぇむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。