2007年10月08日

ドラマ版ネギま!は萌えドラマである。

「萌え」という言葉の定義がいまいちつかめないんですが、この記事ではキャラの魅力ということで定義付けてしまいます。

萌え漫画の象徴としてネギま!は取り上げられたりするんですが、それの反論として萌えだけではなく、燃えもあるという意見が時々聞かれます。

ネギま!は燃え漫画としての素質はあるのでしょうか?

答えはNO。燃えはあくまでおまけです。メインになりえない。
燃えを前面に押し出すとキャラの魅力を語ることができなくなるから。
今まで熱かったシーンは限られた人しか参加できてないですからね。がんばって参加させようとはしていますが。

でも基本設定としてはそういう要素をふんだんに取り入れようとはしていたとは思うんですが、読者への媚を取り入れ続けて破綻されてきたような気がします。

今のマガジンの原作の展開はキャラの魅力を切り捨てて開き直っている感じがするんですがw
アンケート結果の話を赤松先生はよくやられていましたが、ネット層とアンケート結果がなかなか合わないというのがありました。
比較的一般層は燃えを重視していて、そういう展開時にアンケート結果が伸びてくるみたいです。ネットの感想では逆になりやすいですね。キャラの魅力を大切にしているというか。好きキャラがいて、そのことを語ることが多いですし。


そこでドラマの話になるんですが・・・

日々○○文: ドラマ版ネギま!支援感想

実写版ネギま!の演出意図は、素晴らしい。

くろうさんと同じ感想をかけてうれしいw表現レベルは全然違いますがw
もともとドラマの構成は一般層には受け付けられにくい、キャラの魅力=萌えを主軸とした構成になっています。
もともとマンガ原作つきの、しかも萌えマンガなんだから実写化に対しての反発というのは相当予想されていたのだと思います。
だからこそストーリーよりもキャラを語るようなシナリオになっているじゃないでしょうか?
ネギま!原作の特色として見直すたびに新しい発見がある、というのがあります。(最近はあまりそういった感じがしませんが・・・^^;
そういう楽しみ方がドラマ版に確実にあります。一度だけ見て終わりというのにはとてももったいない、そう思います^^
大豆はドラマはあまり見ないのですが、こういう楽しみ方を提供してくれるドラマってそうそうないんじゃないですかね?よくわかりませんが^^;
各キャラの動きが今後伏線になる、とかそこまですごいことをしてくれとはいいませんが、数回見てもキャラをすべて追いかけられないくらい詰まったものにしてもらえたらなぁ・・・と思います。実写だとそれが比較的簡単にできますからね。





ネギま!SNSの日記で適当に書いた記事を清書せずにそのまま載せてしまったんですが、意図は意訳しながら読んでくださいw
posted by 大豆 at 00:34| Comment(3) | TrackBack(1) | ネギま! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

ドラマ版ネギま!支援感想

昨日放送されたドラマ『ネギま!』の感想をパパッと書いちゃいます。

あまり書くつもりはなかったんだけど、あまりにも批判コメントが多すぎたので・・・
演技している人たちにとってもこれじゃあんまりだ・・・とか余計なお世話なことを思っちゃいました^^;

では追記からドゾー

MORE
posted by 大豆 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(1) | ネギま! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

人造昆虫カブトボーグ VxV 第01話 後編

Aパート感想はこちらから





26.jpg
Aパートあらすじ
決勝戦の対戦相手は上半身裸でしかも親父だった。





27.jpg
なぜ親父かここに・・・いや、その前になんで親父がビックバンなんだ!
あの優しくも厳しい
(○厳しくも優しい)親父が・・・



28.jpg
親父が、俺やみんなにさまざまな嫌がらせをしてきたビッグバンだったなんて・・・
親父・・・何故なんだぁーーー!!

テラ大人気ないwww

すべては最強のため・・・最強の称号を手に入れるため私は過去を捨てた。
下らぬしがらみに縛られぬよう過去を捨てたのだ!


29.jpg
だからこそ言おう!
息子よ、私は全力を尽くし、お前を倒す!!


ロイドさん「マッズイデェス!今のリュウセイ君はドウヨウシテマァス!
ただでさえ最強の名をほしいままにしているビッグバン!
そのビッグバンがリュウセイ君のダディダッタナンテェ


徐々に追い詰められるリュウセイ・・・


30.jpg
私は昨日お前に言った!
今のお前では私に勝てないと!


そうだな・・・その時の俺だったら俺はあんたに勝てなかっただろう。
だが、それは昨日までの話しだ!!


どういうことだ?



知りたいか?だったら教えてやるよ!


32.jpg
俺は!一分一秒!そしてこの瞬間にも成長している!!




33.jpg
だからこそ言える!!

昨日の俺より今の俺は・・・もっともっともっと・・・強い!!


な、なにぃ!?

いけぇ!トムキャトレッドビートル!!


34.jpg

完全に浮いています。
でもリュウセイさんが気合で押し戻す!!

ロイドさん「デェル・・・次の一撃でショウブキマール!!

さすがだな・・・だが、私の勝利は揺るがない!!

負けるわけにはいかない!!


35.jpg
視聴者には見たことのない回想シーンが流れる。

これで決める・・・!行くぞ!ダークサイドプレジデント!!

36.jpg

ビッグバンファイナルエクスプローション!!


行くぞ!俺のトムキャットレッドビートル!!

37.jpg

レッドアウトゴールデンマキシマムバーニング!!




38.jpg

うおおおおおおおおおおおお!

衝突時に起きた爆発は宇宙規模へ・・・

何!?

トムキャットレッドビートルがダークサイドプレジデントをカチ上げる!!
土俵際、かろうじて残るダークサイドプレジデント・・・しかしやがて場外へ・・・


39.jpg

ガシャン

ここでOPテーマ曲が流れる。なんという最終回。

決まったぁ!!新チャンピオン誕生!!
トムキャットレッドビートルと天野川リュウセイ!
ギャラクシーカップを制しましたぁぁぁぁぁぁ!!


おめでとう、リュウセイ君
やったな、リュウセイ!
ロイドさん「ユーはナンバーワン!


40.jpg
天野川リュウセイ!
・・・強くなったな、わが息子よ。
何度転んでも立ち上がるその勇気、それを人は七転び八起きという!!


親父は、俺を強くするためにビッグバンになったんだ。
俺のためにあえて悪に染まったかのように!!

※リュウセイさんの勝手な想像です。



41.jpg

ああ、そうそう!お母さんには内緒だぞ!

そしてみんなの声援にこたえるリュウセイ。


42.jpg

いい最終回でした。

ちなみにこの第一話は十分超展開過ぎてこれだけでもおなかいっぱいなんですが、
全52話あるカブトボーグの中でも比較的おとなしめのシナリオなんですw
感想でロイドさんのウザさとか、精神力で動いているとしか思えないカブトボーグのありえない動きとか、空気読めてないほどかっこいいBGMはアニメを見ていただかないと伝わらないというのがなんとももどかしいw
実際に見てもらうとその面白さが伝わるはず・・・!


ちなみにAパートで出てきたクラスのマドンナさやかちゃんはこの後まったくと言っていいほど出てきません。カブトボーグには一般的に今週の使い捨てヒロインと呼ばれる人が毎週出てくるのも特徴です。最後の提供スポンサーのときにヒロインは誰だったのかわかる仕組みになっているんですが・・・wまぁそれは後ほどw
非常にゆっくりですが、なんとか全話の感想を書いていきたいと思いますので気長にお付き合いください^^












43.jpg
次回予告!
いつもは物静かな勝治が執拗にリュウセイに対戦を迫る。
鬼気迫る勝治にタジタジのリュウセイ。
勝治を突き動かすものは一体・・・
かくして、切なくも熱き友情の戦いが始まる。
次回!さらば友よ!
涙のメタリック・ギガトン・クラッシュ!
熱き闘志に・・・チャージ・イン!!



posted by 大豆 at 02:30| Comment(2) | TrackBack(0) | カブトボーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。