2007年02月08日

咲 -saki- 第10話「副将」感想

どうも〜 感想が遅いことで有名な大豆です(死

ったく、今週がネギま!と咲が休みだということをいいことにギリギリまでほっておくとは・・・

では追記からどうぞ〜



MORE
posted by 大豆 at 02:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

咲 -saki- 第09話「降臨」感想

キズナが・・・連載開始時に伏線を張ったりしていたので楽しみにしていたんですけど・・・なかなか盛り上がらないなー。
おっぱいを責める方がいいと思います^^

では感想は追記からー

MORE
posted by 大豆 at 00:48| Comment(11) | TrackBack(0) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

咲 -saki- 第08話「初陣」感想

まさか感想書くのに半月も遅れることになるとは・・・^^;

咲の1巻もすでに購入済みなんですが、レビューはまた今度ということで^^;


それにしてもNo.01の小泉麻耶のグラビアが激しくエロい・・・

感想は追記からー

MORE
posted by 大豆 at 01:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

咲-saki-第07話「予選」感想

約3ヵ月半もの合宿からあの咲-saki-が帰ってきました!!
感想に行く前にまず、12月25日に咲-saki-1巻が発売されます。



小林立先生HPの日記(こんなの前あったか?^^;)には・・・

単行本は12月25日発売予定で収録は短期連載3話+連載6話分になります。
描き下ろしはカラー4枚、白黒4枚で、既存の原稿にも40ページほど手を入れました。

5つの店舗さんでフェアみたいなものをやってくださるとのことで、
描き下ろしが望ましいという4つの店舗さんには絵を新規に描きました。

いくつかは連載では描かせてもらえないようなタイプの絵です。












TO Loveる の 再 来



個人的にメロンブックスの画像が一番気になる!!
左上に見えてるメロンはのどかのおっぱいだろ?
しかし覆う生地の量を見ていると・・・どーしても見えているように思うんだが。
ここの一番下の画像くらいなら見えている気がするw
でも一番気になるのは5番目の画像だったりするんだけどw



1巻の紹介文紹介。

時は21世紀…。麻雀の実力が人生を左右する時代に、二人の天才女子高生が舞い降りる。毎局プラスマイナスゼロで和了る少女・宮永咲(みやながさき)。全国中学生麻雀大会個人戦優勝者・原村和(はらむらのどか)。互いの生き様が交わる時、熱き物語の幕が上がる−!!

それなんて北○の拳?
世界は麻雀に支配されていたのか・・・



そういえばガンガンモバイルのYGメールマガジンに小林立先生へのQ&Aがあったんですが・・・
YGメルマガNo.24_小林立


Q1.今後の展開をちょっとだけ教えてください。





和がアイテムの力を借りて覚醒、変身します。

なんだその展開www
小林立先生の期待の持たせ方は神の領域ですね^^

では感想は追記から〜

MORE
posted by 大豆 at 03:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

咲-saki-に関してお知らせ

突然の休載から数ヶ月、いつから再開なのか忘れていました。
ただ、10月か11月位だったとだけ。

先週の金曜日にヤングガンガン発売したんですけど、そこには咲-saki-は載ってませんでした。
毎回ヤングガンガンの発売日にはチェックだけ入れていて、咲-saki-が載ってないことを確認していたんだけど、これはおかしいと自分の感想を見直してみると・・・

次号No.18(9月1日発売)より、作者取材のため休載します。
連載はNo.21(10月20日発売)より再開致します。


ちょww前号からホントは再開だったんじゃんwww
で、いろいろ情報を集めてみたんですけど、公式での休載が延びたというアナウンスはない様子。

唯一作者のHPに一言。

06.09.29
冬になるそうです…


これは・・・少なくともあと2、3ヶ月の間で再開するととっていいのか?

そもそもガンガンの休載は守護月天の休載から全然信用してないんだよな・・・
また内部でいろいろ大人の事情が・・・

真偽のほうはわからないけど2ちゃんのスレのコピペ

794 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2006/10/20(金) 22:37:19 ID:Ovk/Rkyl0
今号のラブじゃんは(いつもは1頁なのに)2頁になっているな。
ラブじゃん杯という新企画まで始まるし、
(しかもあれ第1回と書いてるから、第2回第3回とあるのだろうな…)
連載再開近いと見ていいのか。

これは俺の予想だが、
次号(11月第1週)のヤンガンで「あみーご×あみーが」が最終回になり、
それと入れ替わりで
次々号(11月第3週)で咲連載再会、そして12月に単行本第1巻発売。
こういう流れになりそうな予感。
>>750の書いてある「冬になるそうです…」の意味を予想すれば
こういう感じになるんじゃないかな?!と思う。(ある程度辻褄は合うし)

とは言ったものの実を言えば俺はあみーご×あみーがも咲も好きなだけに
両方とも続いて欲しかったなという気持ちもあるだけに
(この予想通りなら)入れ替わりの復帰は素直に喜べない部分もあるんだよな。

324 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2006/10/22(日) 03:35:56 ID:Gt+XSRaF0
ふと気になって、ここ最近の各号の掲載漫画数を数えてみたところ20〜21作品(大抵は20)だった。
この20作品というのは、ヤンガンの総ページ数が490ページ以上500ページ未満を保つ為のギリギリの数っぽい。
(時々あるワーキング2本立てはページ数調整用っぽい。)

それから、月一のやつを除いたレギュラーが18作品で(咲とあみーごは外した)、月一レギュラーが6作品(3:3のローテーション)な訳で、
毎号最低1作品の休載が必須となり、更に短期読みきりなんかが入ると2作、3作と休載作品数が増えることが判明。
中村光の「掲載作品数が多すぎて毎号描きたくても描けない。」発言は、満更でもないっぽい。

仮に今後、咲が連載再開したとしてもこういう状況↑だと、
たまに1回は休む状況は続くだろうな。


ちなみにヤングガンガン公式サイトのコミックの今後の発売ラインナップには

ガールズ麻雀コミック、待望の1巻!!
「咲-Saki-」1巻
定価530円(税込み)/B6判

となっています。
さらにアマゾンでもすでに予約開始しています。


んー、単行本発売までには再開してほしいが・・・


過去の感想集。
咲-saki-
posted by 大豆 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

咲 -saki- 第06話「決意」感想

違います.JPG


たぶん違うと思います。


感想は追記から〜


MORE
posted by 大豆 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

咲 -saki- 第05話「惨敗」感想

感想だいぶ遅れちゃった・・・^^;

では、追記からどうぞ〜

MORE
posted by 大豆 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

咲-saki-第04話「翻弄」感想

よくわかる今回のあらすじ

咲2.JPG

ブルッ.JPG

カツ丼さん2.JPG

ブルッ2.JPG

咲3.JPG


咲エロいよ咲


MORE
posted by 大豆 at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

咲-saki- 第3話「雀荘」 感想

今号のヤングガンガンに「いわせてみてえもんだ」というマンガが新連載されました。
大豆は知らなかったんですけど、どうやらWEBで公開されていたマンガのリメイクだそうで・・・作者のHP99円均一
結構おもしろかった。いい感じでバカだw

咲の感想は追記からどうぞ〜


MORE
posted by 大豆 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

本格萌え麻雀マンガ「咲-saki-」

みなさんは麻雀マンガといえば何を思い浮かべます?
アカギですか?それとも哲也?
大豆も高校の時に哲也が流行っていてにわか麻雀ファンになったものです。
マクドにクラスの半分以上が集まって麻雀やったり、
意味もなく
「明日は晴れるかなぁ」
とか言い出したりねw

マンガでは心理描写などを楽しんでいたので実際に麻雀にハマることはなかったんです。
実際の戦略やらなんやらが本格的に入ってくるのはなんとなく苦手なんですよね。イカサマとかがあってもエンターテイメント的に楽しめればいいみたいな。

で、ちょっと前から麻雀サイトで話題になっているマンガがヤングガンガンで連載されました。

その名も「咲-saki-」(小林立)
咲.JPG
本格ガールズ麻雀漫画と銘打たれたこの作品は麻雀界に新たな風を起こしてくれる、と期待されています。

まず主人公「宮永 咲
宮永咲.JPG
小さい頃から家族と麻雀していて勝っても負けても嫌だから、という理由で±0で終わらせるというすごい能力があります。
空間をも支配する豪運の持ち主。好きな役は嶺上開花。麻雀が超強い「照」という姉がいる。




ライバルの「原村 和(のどか)」
のどか.JPG
大豆はこの子を一押し!
麻雀の天才。去年の麻雀の全国中学校大会の優勝者。「何か」色々あるらしい。すぐ部室から駆け出す。涙目。巨乳美少女。


ツンデレ


一話目で濡れる
のどか濡れる.JPG



家ではゴスロリファッション
ゴスロリのどか.JPG

他にもハンドルネームが「のどっち」とか、なんとなく妄想させてくれたりwめっちゃ好きです!



片岡優希
優希.JPG
麻雀は速攻。ロリ。語尾は「だじぇ」。
優希2.JPG
こんなこと言い出すくらいタコスが好き。

ほかにも色々キャラはいますけど割愛w

これからの展開の希望としては、咲の争闘心がなさすぎるので…
和が誰か悪いやつに拉致られる。
なぜだかその悪いやつらと咲が麻雀対決。
咲が負けると当然和が脱がされていく
こんな感じでw
まぁそんなことしなくても、ツモの時の描写もなかなか迫力があって読ませる作品なので安易に人気取りにいくのもちょっと残念みたいな感じの読者もいそうですけどね。
ただこれだけは断言できます。

エロが入ると大化けします!!
posted by 大豆 at 15:24| Comment(8) | TrackBack(2) | 咲-saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。